鈴木たつおJR東日本・JR貨物本社前で訴える! (1月31日の街宣動画まとめと報告)

鈴木たつお「なぜここで私が訴えるのか。JR貨物の労働者に対する会社の姿勢はとてつもない。生活できる賃金を保障しない。JR貨物の現状をなんとかしなきゃいけない」「分割・民営化でのJR貨物の発足自体が無茶苦茶だった。」「中曽根元首相は『国労を解体し、総評を解体し、憲法を変える』と言った。」「昨年、分割・民営化の解雇は不当だという高裁判決を勝ち取った。」「JR北海道、なにをやっているのか。安全を投げ捨ててデパートの真似事を始めた。どんどん外部委託する、外注化する。JRは悪辣な資本だ。」「弁護士として労働問題を主にやってきました。こんなJRのあり方を吹き飛ばそう。それが安倍の戦争政治を止める力になる!」

1月30日の街頭宣伝報告

都庁前でアピールする鈴木たつお
鈴木たつお「オリンピックは皆さん(公務員)の賃金を下げて500億円をつぎ込んでやろうとしている。」 「オリンピックは返上以外にない。1940年東京オリンピックは返上した。その前はナチスのオリンピック、次の年には真珠湾攻撃、オリンピックなどやってる場合ではなかった。」 「キヤノンの御手洗(元経団連会長)が五輪組織委員会の名誉会長、トヨタ社長が副会長です。誰のためのオリンピックかは明らかです。」「いま若者と中高年で過労死がどんどん増えている。働く人を虫けらのように扱う社会は間違っている。」 ホワイトカラーエグゼンプションで時間外労働賃金がゼロにされようとしている。」「安倍のやろうとしている憲法改悪、戦争を止めたい。戦争などに希望はない。」 「労働者は団結して闘う。経営陣に、当局に迫る。いまの労働組合幹部は腐っている。連合は自民党推薦候補を推している。」「石原都政の最大の犯罪は、『日の丸・君が代』強制の『10・23通達』です。」「『10・23通達』は撤回以外にない。」 「給食の産地、放射能がどれくらいなのか、誰も調べようとしない。為政者にとって怖いからです。」 「給食の放射能汚染を心配している人はたくさんいる。ただちに調べさせなければならない。」 「東電は柏崎刈羽原発を再稼働させようとしている。本当に許せない!」 「NHKにこれから押しかけます!」