第三回『時代を斬る』報告

6月29日「今こそ星野文昭さん解放を6・29全国集会」で星野再審弁護団として報告する鈴木達夫弁護士

6月29日「今こそ星野文昭さん解放を6・29全国集会」で星野再審弁護団として報告する鈴木達夫弁護士

7月4日、連続フリートーク企画「時代を斬る」第三回『8・6ヒロシマ、8・9ナガサキ、8・17日比谷大集会へ』を開催しました。

今回は、東京杉並区議会議員補欠選挙をたたかった北島邦彦さんとの対談です。

●「安倍を倒そう」の4332票
北島邦彦 6月29日投票の杉並区議会議員補欠選挙をともに闘っていただき、ありがとうございました。28.78%という、前回と比べると約半分の投票率です。集団的自衛権をはじめとする現在の政治への怒りの大きさのみならず、既成の政治や政党そのものへのボイコットといっていいと思います。

地方議会ではすべての政党が首長のもとに与党化していく現実があって、なにが問題や課題になっているのか、意図的に見えなくされている。投票に行こうとか、自分の行動を起こそうという意欲が削がれている。そのなかでの4332票。やはり、「安倍を倒そう」という怒りの集中です。