都知事選でのご支援ありがとうございました

今回の東京都知事選挙においては、鈴木たつおに多大なご支援をいただき、鈴木たつお本人をはじめ選挙事務所スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。投票いただいた12684票は「労働者の力でこの社会を根本から変革する」という鈴木たつおの主張に、心からご賛同いただいた票です。この熱い想いを基盤にして、ただちに次の闘いへ踏み出します。

私たちは鈴木たつおの主張を伝えるために、ポスター・街頭宣伝・電話・選挙ハガキと、選挙事務所スタッフと多数のボランティアが一体となって闘いました。マスコミの「鈴木たつお外し」は、安倍政権と、保守・革新を問わず体制内政治勢力の危機の表現です。これこそ3・11で暴かれたものです。安倍内閣も舛添都政も、危機的で破産的だから戦争・改憲・民営化・原発に突進しています。鈴木たつおが訴えた「一千万人の怒りでアベ倒そう」は、ますます現実的なスローガンだと自負しています。

さらに今回の都知事選挙をめぐって、東京の労働(組合)運動に大流動が生み出されました。外注化・非正規職化のもと低賃金・長時間・過労死の現実に怒る現場に満ちていたのは、鈴木たつおが主張した「闘う労働組合の再生」への熱望でした。青年労働者の熱い反応には、私たちも励まされ確信を深めました。

選挙ボランティアには、多くの学生・青年が参加してくれました。若い労働者が、この選挙をつうじて「嘘とカネによる支配」は転覆できることに確信を深めています。鈴木たつおが挑戦した意義は無限に広がる可能性に満ちています。みなさんのご支援がこのような形でつながっていくことこそ、みなさんへの最大のお礼となると信じます。ありがとうございました。

2014年2月
鈴木たつお選対本部事務局長・北島邦彦
鈴木たつお選挙事務所スタッフ一同

都知事選でのご支援ありがとうございました」への1件のフィードバック

  • 候補を始め、スタッフの皆様、本当にご苦労様、お疲れ様でした。ボランティアからもあいさつを送らせていただきます。ポイントを押さえたいい選挙闘争でした。オリンピックの街から労働者の街への反転攻勢、すでに始まりました。ソチでもブラジルでも、ロンドンでも、世界中労働者の存在するところ、全てです。25日には、韓国でのゼネストが準備されています。パククネ大統領は、すでに、労働者への敗北宣言のようなことを言っています。ブルジョアジーは、5%ともいいますが、1%になりさがり、いまや、終焉の時を待っているのです。次のチャンスこそ当選。選挙のアスリートとなれば決定です。再見!

コメントは停止中です。