「沖縄から全基地撤去の全島ゼネストを!」6月26日の街頭宣伝

本日昼は北千住駅前で街頭アピール!

沖縄IJBS労組委員長の富田晋さんが6/19の6万5千人沖縄県民大会の報告と、全基地撤去のアピールを行いました!

北千住では青山学院の学生が「韓国の友人が徴兵された。」「沖縄の事件見て、戦争はいやだと思った」と言われました。また「(原発問題で)鈴木たつおさんは信用できる。入れます。」「オリンピック許せない。貧乏人のために金を使うべき。」という意見も。
さらに70歳代の女性が、学生・若い人たちがやってるので立ち止まり、鈴木たつおさんの演説を聞いていかれました。「(演説は)聞けば聞くほどいい」「鈴木たつお絶対支持!」「選挙の時に色々言うけど、ストライキやらないと何も変わらない。」と言われました。
秋葉原駅前での街頭宣伝では、とりわけ若い方の反応が多くありました。「法政大学文化連盟のファンです」という青年や、飛び入りでビラ撒き決起する学生。沖縄の富田さんが全島ゼネストをよびかけたら「本土も頑張るぞ!」という反応も。

さらに祝島の支援をしている方が「原発絶対反対」と訴え、また「言ってることすべて正しい。消費税全廃はっきりしているのがいい」という方。「被曝労働反対素晴らしい」という方。「解雇自由化と非正規化許せない」という18歳の方もおりました。
秋葉原ではとりわけ演説の「ストライキやろう」に多くの人が反応されました。38歳で大企業の下請けで働く年収200万円の方が「労働運動に興味ある」と話になり、労働相談をされました。また日本共産党系労働組合の方が「組合費は代々木に消えているとみんな言っている」と言われました。#参院選東京選挙区