「資本主義終わりだ」の声が次々と! 6月30日の街頭宣伝

本日朝は飯田橋駅西口で鈴木たつお街頭宣伝やりました。

飯田橋駅は法政大学の最寄り駅の一つです。鈴木たつおは法政大学文化連盟、全学連の学生とともに、「大学の戦争協力阻止」「キャンパスから反戦ストライキやろう」を訴えています!

昼は新宿南口でやりました!

鈴木たつおの新宿南口アピール「自民党の崩壊が始まった。小池百合子の都知事選出馬表明は自民分裂の始まりだ。」

さらにJR本社前に移動しました

新宿南口での反応「投票したよ。鈴木たつおさんしかいない。」「ブログ見て街頭宣伝にきた」「『前進』読んでるよ。」「安倍自民党には絶対入れない」「自公も民進党もダメだ。社会党も腐った。」「共産党員だが、もう共産党はだめだ。巨大政党にすり寄っている。」

動労総連合の仲間も駆けつけて頂きました。

夕方は新橋駅SL前でやりました

鈴木たつお「年金積立金が30兆円消えたと言われている。ただでさえ年金が減っている。貧困の蔓延に追い打ちをかけている。アベ政治を断ち切らないと私たちは生きていけない!」「貧困の蔓延の原因は非正規職の拡大です。派遣法という卑劣な制度で、若者が次々と貧困に叩き落とされている。そして非正規労働者に正規を合わせようとしているのがアベの『同一労働同一賃金』であり『働き方改革』です。」

法政大学文化連盟の洞口朋子さんより鈴木たつお応援アピール!

「女性の貧困を生み出してる連中が『女性の輝く社会』なんて言っている。ふざけるなと言いたい。」

夜は秋葉原駅電気街口でやりました!

鈴木たつお「共産党政策委員長の『人殺し予算』発言に対し安倍は『自衛隊への侮辱』だと言い、ただちに共産党は屈服した。自民も共産も許せない。自衛の名で侵略を狙ってるのが安倍だ」 「自衛隊のみなさんは軍服を着た労働者です。生きるために自衛隊に入った方がほとんどです。自衛戦争を拒否し、自衛隊のみなさんも共に立ち上がろう!」

秋葉原駅前では圧倒的な反応を寄せて頂きました!

「戦後はものがなくて食えなかった。今はものがあっても食えない。戦後と同じだ。」という方や、「目の前の生活で精一杯で、政治考える余裕ない」という青年に、まさに今の政治が強労働で考える余裕を奪っているという話をしたら、最後は労働相談をされていきました。

さらに「政見放送みた。一番よかったよ。」という方。「政治家とかかわりたくない。支持政党もない。」という方に鈴木たつおの闘いを紹介したら「入れます」といわれました。

また元金融関係の労働者の方が「労働組合が闘わなくなった。通貨が終わってる実感ある。資本主義は終りだ。」と言われました。また「鈴木たつおさんのみがいいこと言ってる(オリンピック反対)。50年間選挙行かなかったけど、行こうかな」という方もおりました。

さらに「労働者の政党は日本共産党じゃないのか。」といってくる方に、安保も自衛隊も認め、オリンピックも消費税も反対できない日本共産党は労働者の政党じゃないという話をしたら納得される方もおりました。

また「金儲け主義の大学のあり方を変えてくれ」「資本主義終わってる」という元国鉄の方。学生が革命を掲げて闘っているという話をしたら感動して涙を流される方もおりました。さらに「テレビ見たよ」「こういう人が都知事にならなきゃ」という方も。
参院選もいよいよ中盤に差し掛かって来ました。

「入れます」という方や「周りに広めてます」という方もどんどん拡大しています。
「鈴木たつおさんへの一票は自分自身への一票です」(応援に駆けつけたJRの青年労働者)
資本主義はもう終わりです。既成政党の崩壊も始まりました。都内に鈴木たつお旋風を巻き起こし、参院選に勝利しましょう!

新しい労働者の政党を作りましょう!