NHKディレクター「選挙期間中は原発はやめてほしい」

【スタッフより】

今日の東京新聞朝刊トップにこんな記事が掲載されています。

NHK、脱原発論に難色 「都知事選中はやめて」

NHKラジオ第一放送で三十日朝に放送する番組で、中北徹東洋大教授(62)が「経済学の視点からリスクをゼロにできるのは原発を止めること」などとコメントする予定だったことにNHK側が難色を示し、中北教授が出演を拒否したことが二十九日、分かった。NHK側は中北教授に「東京都知事選の最中は、原発問題はやめてほしい」と求めたという。(以上引用)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014013090065631.html

記事によれば、担当ディレクターが「絶対にやめてほしい」と申し入れたとのこと。解説では「再稼働を進める安倍晋三政権の意向をくんで放送内容を変えようとした可能性は否定できないとしています。

籾井新会長というのは、どういう人物か。検索するとこんな記事がみつかります。文字通り安倍政権によって送り込まれた人物なのですね。

籾井勝人「新会長」で進む『安倍さまのNHK』。最初の記者会見では「不偏不党」を強調して釘を刺す。(水島宏明)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/mizushimahiroaki/20131221-00030851/

NHK新会長・籾井勝人氏はどうやって視聴者の「信頼」を獲得するつもりなのか(現代ビジネス)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37883

鈴木は元NHKディレクター。長崎放送局で分会委員長をつとめ、エンプラ寄稿阻止闘争の先頭にたちました。東京への配転命令を拒否してたたかい、逮捕→解雇。裁判闘争の過程で弁護士になる決意をし、現在は労働事件を中心に取り組んでいます。

「悪いことは全部今のうちにやってしまえというのが、今の安倍政治。そのひとつのあらわれが今度のNHK籾井会長発言なんです」

本日午後2時、NHK前(西門前・地図→http://yahoo.jp/HlcKsw)で候補者街頭演説をおこないます。足をお運びください。